2005年11月27日

紅葉

【福一ニュース】

<社会>
落雷でJRに信号トラブル
ひさしぶりにすごい落雷でしたがJRにまで影響を及ぼしていたとは。

交通安全スローガン:運転マナーに思いめぐらせ 中央区・久保義男さんが入賞
居酒屋に 駐車場の ある不思議

<スポーツ>
大相撲・祝福される朝青龍
欧州の大関昇進へ 欧州出身では初
いやぁ朝青龍強い!琴欧州も素晴らしいですね。九州場所は外国人勢が大活躍。がんばれ日本!

<街ネタ>
落書き:JR赤間駅近くの陸橋橋脚、250人が一掃−−宗像の12団体
これとっても気になってました。落書きを認められると思っているその想像力の低さに腹が立ちます!

芦屋町:夏の風物詩、花火大会ストップ? 砂浜展は縮小か−−財政難で
これはどちらも魅力的なイベントなのでぜひ残して欲しいですが、位置的に博多と小倉の中間くらいで人を呼び込みにくいのかもしれませんねぇ。

「闘病生活音楽で安らぎを」 飯塚病院でコンサート 医師らが腕前披露
医師と患者の信頼関係を築くのにとてもよい試みだと思います。あと患者の間に笑いがおこるというのはとーーっても大事だと思います。ホスピタルクラウンとかもっと日本でも増えて欲しいなぁと思います。

<福岡ブログ>
Walking,eating,shopping,sleeping
単純にTOP画像が好きです(笑)写真がとてもきれいでなにを撮ってもまるでカフェみたい。

あ〜きのゆ〜う〜ひ〜に〜♪

てーるぅや〜ま〜も〜みぃじ〜♪っと。

友達4人といっしょに紅葉狩りにドライブに行ってきました。
カメラ忘れちゃったんで、写真をもらい次第アップしようかなぁと思ってます。

まずは野の花というランチバイキングを食べに。建物が古民家を移設してきているのらしいんですが、これが僕の今は道路拡張で取り壊された昔のおばあちゃんの家にそっくりで感動してしまいました!土間とか縁側とか頭をぶつけそうな低い欄間とか、とにかくそっくりで懐かしかったです(T-T)ごはんはむかごごはん、おかずはまさに田舎のおばあちゃん家に行ったらでてくるようなメニューで、いちいち感動でした。わかさぎの南蛮とかおいしかったなぁ。

あと大学時代の友人に偶然会ってめちゃめちゃ驚きました!(笑)まさかこんなところで会うなんて、ほんとすごい偶然です^^;

そのあとはどんぐり村に行って馬とひつじと山羊を見ました。馬の悲しそうな目にうるうる(本人にはそんな意識ないだろうけど 笑)「収穫祭を開催中!」って書いてたけど、どのへんでやってたんだろう?広いから、いまいちわかんなかったです。

そして次は僕のリクエスト!パンの有名店「せふりの」!どんぐり村からだとけっこう距離があって、着いたのは4時くらいだったと思うけどお店の外も中もお客さんでいっぱい!すごいなぁ。せふりのってお水が汲めるんですね。知らなかった。お店の中はいい匂いでいっぱい!「焼きたて!」ってフダが立ててあるかごにパンが入ってない(笑)かたっぱしからパンが減っていくなんて、ちょっともうショックですよこりゃ^^ とりあえずおいしそうだったアップルパイとハード系のパン(名前を失念)を買って帰りました。ここはすごいなぁ。また来たい。また期待。

そんで最後にメインイベントの紅葉狩り!いざ大興善寺へ!

ちなみにどんぐり村→せふりの→大興善寺の道のりがとんでもなくうねった山道で若干車酔いしちゃいました^^;みんなにはトークがイマイチと言われながらも歯をくいしばってがんばりました><普段は車酔いしないんですがねぇ。酔いやすい人は酔い止めが必要かもしれません。

そんで大興善寺。もうすごい!階段を昇って境内に入ったところが紅葉のドーム?どうしても上を見上げずにはいられませんでした!着いたのが5時前くらいだったかな?もうずいぶんと陽が傾いてましたが、夕日に照らされて陰陽がくっきり浮いちゃったりなんかしちゃったりしてほんとに綺麗でしたよ!

けっこう疲れてたんで低い所を周るだけにしようかなぁみたいに思ってたんですが、掃除のおっちゃんに「あっちから上のほうまで昇るときれいだよ〜ぉ」と薦められて、なし崩し的に山の一番上まで昇ってきてしまいました。はっきり言ってそこまで昇ってる人はいませんでしたが(笑)

とにかく心が躍る素晴らしい眺めでした。また来たいな。

お父さん・お母さん
子供のころはもみじの紅葉を一年中見ることが出来たんだ
あっちむいてホイ!に負けると満開になるんだ
今日も僕は水泳の時間はちょっと恥ずかしいです

posted by タクト at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。